子育てのために必要となる費用はいくら?幼稚園から一流大学まで

pixta_14250754_M

我が子には幸せな人生を過ごしてほしい…、子供が生まれた時にそう思うのは誰もが同じです。
衣食住にかかる費用はもちろんのこと子供が育つ上で欠かせないのが教育費ですが、子育て特に教育にはお金がかかる!と漠然と考えて不安を感じる方は多いと思います。
子供が幼稚園に入ってから最後の学校を卒業するまで、いったい必要となる費用はいくらなのかを具体的にご紹介します。

こんなに違う公立と私立

pixta_15189338_M

 

文部科学省が発表した平成22年度の子供の学習費調査結果によると、公立と私立の学習費の総額を比較したとき幼稚園では私立が公立の2.3倍、小学校4.8倍、中学校2.8倍、高校2.3倍という差が見られたそうです。
学習費には授業料や学校納付金、通学関係費をはじめ、塾などの補助学習費、芸術文化、体験・地域活動、スポーツやレクリエーションなど教育に関連する費用が網羅されています。
それぞれの学習費は幼稚園で公立23.2万円、私立53.8万円、小学校で公立30.4万円、私立146.5万円、中学校で公立46万円、私立127.9万円、高校(全日制)公立で39.3万円、私立92.3万円で、義務教育である小学校や中学校での公立と私立との学習費の差が大きいのが目につきます。

親として子供に与えたい教育コースは?

幼稚園の3年間から高校卒業の第3学年までの15年間、すべて公立学校の場合の学習費総額は503.9万円、すべて私立学校なら1701.6万円となりますが、住んでいる地域により公立学校と私立学校の位置づけは異なっていますから、このパターンだけではイメージがわきにくいかもしれません。
地域差はありますが地方都市なら義務教育は公立、高校のみ私立というコースが多いとも考えられ、その場合は幼稚園が公立で661.8万円、私立で756.7万円となります。
これらの金額が高校を卒業するまでの費用の目安となります。

大学の学費は学部によっても大きく変わる

河合塾が発表している一覧を参考にして国立大学のおおよその初年度学費を計算すると入学金+授業料の計算で81.7万円になります。
医学部などのように卒業まで6年かかる学部もありますから学部によっては卒業するまでの金額は変わりますが、私立大学ではどのくらいになるのでしょうか?
文部科学省が発表した平成25年度の私立大学の初年度納付金の平均額を基にすると、文系で98.9万円、理系で130.8万円、医歯学部で380万円で、医歯学部系は施設設備費も際立っており、平均でも合計466.4万円が初年度の費用です。

教育費はまとめるととても大きな費用ですが一度に支払う金額ではなく突然に必要になる費用でもないので、計画して貯めることができます。
幼稚園に通い始める前の時期は最初のチャンスですから、まずは家計を見直すことをおすすめします。