夏休みの期間中に預かり保育を専業主婦が利用してもいいの?

夏休みの期間中に預かり保育を専業主婦が利用してもいいの?

子供たちが夏休みに入ると毎日一緒に過ごす時間が増えますし、お出かけをするなど楽しい時間を持つことができます。

しかし子供を預けなければならないときと言うのは出てくる可能性があり、そんな時預かり保育を利用してもいいのか迷うものです。

そもそも預かり保育とは

預かり保育と言うと仕事をしている親が子供の長期休み期間中に別の保育園などに子供を預けること、というイメージがりますが、子供が幼稚園に通っている場合幼稚園でも預かり保育を実施しています。

1時間単位あるいは夏休み中ずっと預けることが決まっているなら夏休み単位で別途料金がかかりますが、仕事をしている親にとって子供を夏休み期間中慣れた場所に預けることができるのはうれしいことですし、子供も年齢を超えてお友達と過ごすことができるので楽しい時間を過ごすことができるというメリットがあります。

専業主婦も利用可能

預かり保育は仕事をしていない専業主婦でも利用することができます。

保育園に預ける場合は自治体によって対応が異なりますし、美容室に行くなどプライベートな内容と出産や冠婚葬祭などといった理由では利用料金が違うことも多いです。

子供が通っている幼稚園に預ける場合は保育園よりも許容範囲が広く利用料金も仕事をしている親御さんと変わりません。

ママが休みたいから、お友達と一緒に遊ばせたいから、夏休み明けに子供が幼稚園に行きたくないとぐずったら大変だからと言った理由で預かり保育を利用している専業主婦もたくさんいるのです。

もちろん幼稚園への送り迎えは必要ですが、子供のその日の様子を先生から聞くこともできますし、子供の成長を実感することもできるでしょう。

臨機応変に利用しよう

ただ専業主婦の場合、子供が幼稚園に入るまでずっと家で過ごしていましたし、子供もママと一緒にいるのが当たり前など甘えん坊気質の場合は預かり保育ばかりされてしまうと寂しがります。

1週間に1回程度利用するというのなら子供もいき慣れた幼稚園ですから大丈夫ですし、楽しく過ごすことができますが、預かり保育を利用する場合はなぜ夏休みなのに幼稚園に行くのかお子さんに説明することも大切です。

最後に預かり保育は通常の保育とは違うので誰でも利用できるというメリットがあります。

ですが子供は夏休みだということを認識し、幼稚園が長期間休みだということを知っているので、きちんと説明しなければいきなり幼稚園に連れていかれても困惑してしまいますので、預かり保育を利用する場合は子供にもちゃんと予定を伝えておきましょう。