子どもに早いうちから習わせたいお稽古のおすすめは?

子どもに早いうちから習わせたいお稽古のおすすめは?

子供の教育を考えると習い事はやはり必須と考えるママが多いようです。

では早いうちから子供に習わせるといいお稽古ごとはどのようなものがあるのでしょうか。

人気トップは水泳

子供のお稽古人気ランキングのトップを長年占めているのは水泳です。

今はベビースイミングや親子スイミングもあるほどでママにも子供にもおすすめです。

水泳は肺活量が上がり、体力もつきますし全身運動なので日ごろ運動不足に悩む子供にもぴったりです。

また風邪をひきにくくなりますし、学校に上がったときに水泳の授業で苦労しません。

泳げるようになればなるほど子供もうれしくなり向上心がアップしますし、進級していく様子や泳ぎが上達する様子を見るとママだけではなくパパもうれしくなるのです。

バイリンガルな子供にするなら英会話

ここ10年ほど子供のお稽古として人気が上がってきているのが英会話です。

英会話と言っても大人の英会話教室のようにネイティブととことん英語で話すことを意識するのではなく、子供の英語教育のスペシャリストが単語やアルファベットを交えながら日常会話を教えてくれるのが特徴です。

遊びながら学ぶことができるため子供は英語を身に着けることができますし、小学校5年生から英語の授業が始まってもスムーズに受け入れることができます。

おすすめとして英会話を挙げる人が増えているのも、今後のグローバル社会に子供が入っていくことを考えれば納得できるでしょう。

人気が戻り始めた珠算

ここ数年子供のお稽古として人気が復活してきたのが珠算いわゆるそろばんです。

そろばんは頭の回転が速くなり、計算も早くなりますし大きくなってからも困りません。

また指先を使うため脳をフル活用しますから文章問題にも強くなりますし、算数だけではなくほかの教科も強くなりやすいです。

最初は10級から始まり徐々に段位が上がっていくと子供も喜びます。

さらに最近は珠算とフラッシュ暗算両方を学ぶことができる教室が増えており、3桁から4桁の足し算をスムーズに計算できるようになります。

ほかの子供たちと競争することでより計算能力をアップすることができるのが珠算のおすすめポイントと言えるでしょう。

最後に子供のお稽古を決めるのは最終的には子供であり、親は子供がどのようなことに興味を持つことができるか導いてあげることが役割です。

水泳が人気だからと水泳を習わせても体操の方が子供には向いているということもありますから、教室見学などを交えて子供のお稽古を決めるといいでしょう。