子育てを楽しめない人に共通するポイントは?楽しめる人との違い

子育てを楽しめない人に共通するポイントは?楽しめる人との違い

子供が生まれる前は子育てがとても楽しみだったのに最近子育てが楽しめないというママもいます。

では子育てを楽しんでいる人と楽しめない人の違いは何でしょうか。

ほかの子供と比べてしまっている

子育てを楽しめないママの共通点は自分の子供とほかの家の子供を比べてしまうことです。

あの子はもう自転車に乗れるのにうちの子はまだ補助輪付きでなければ自転車に乗ることができない、同じクラスの子の半分以上がおむつ外しに成功しているのにうちの子はまだトイレでおしっこができないなど、自分の子供ができないことをほかの子供ができることと比べてしまうのです。

そうすると焦って自分の子供にも同じことができるようにさせなければならないと思い込み、あれをしなさい、これをしなさいと指示を出すだけではなく、あの子はできるのにどうしてあなたはできないのときつく子供にあたってしまうのです。

責任感が強すぎる

ママの責任感が強すぎる場合も子育てを楽しめない人の共通点です。

子供をしっかり育てなければならないという気持ちが強く、少しでもプランが崩れるとパニックを起こしてしまいます。

我に返ったときなぜ自分はあのように取り乱してしまったのかと考え自己嫌悪に陥ります。

子供の好きなことが分からない

子供も10人いれば10通りの好き嫌いがありますから、子供が喜んでくれるなら好きなものを挙げようとママは考えます。

しかし子供は機能食べたものを今日は食べないということもよくあり、好き嫌いが変わることもしょっちゅうです。

ですが特定のものは変わらずに好きでいられるということが多く、たとえばアイスはどんな時でも食べられるということがあります。

そこにママがアイスばかり食べていてもお腹を壊すからとおとといはよく食べていたお菓子を挙げてみたところ、子供は一口も食べなかったということが良くあります。

そうすると何を挙げればいいのか分からないという気持ちになり、子育てが楽しめなくなってしまうのです。