いまさら聞けない?保育園と幼稚園の違いをわかりやすく比較

いまさら聞けない?保育園と幼稚園の違いをわかりやすく比較

初めての保育園と幼稚園選びは誰もが悩むところで、この2つの違いすらはっきりと分かっていないママ、パパも多いのではないでしょうか。保育園と幼稚園の違いを分かりやすくご紹介しますので、園選びの参考にしてください。

保育園と幼稚園の違いを分かりやすく比較

まず、保育対象となる年齢を比較しましょう。

保育園では、0歳児から小学校入学前までの子どもが対象となります。

幼稚園では、3年保育の場合、3歳になった春から小学校入学前の子どもが対象になります。

保育時間にも違いがあります。保育園では、朝の7時半くらいから17時から18時位が一般的です。1日の標準保育時間は11時間とされています。

幼稚園では、朝の9時から14時くらいまでが一般的で、延長保育を行っている園もあります。1日の標準保育時間は平均4時間とされています。

給食は、保育園では義務となっていますが、幼稚園では任意です。

先生の必要免許は、保育園では保育士資格証明書が、幼稚園では幼稚園教諭免許状が必要です。

また、保育園は、厚生労働量、幼稚園は文部科学省が所管となっています。保育園には、認可保育園と認可外保育園があり、幼稚園には公立と私立がありまず。保育料はこのいずれかで大きな違いがあります。

保育園と幼稚園選びのポイントは・・

このように、保育園と幼稚園では、保育時間に大きな違いがありますし、もちろんそれぞれの園によって教育方針も違います。

やはり選ぶ時にはそれぞれの園を詳しく調べてみることが大切です。

認可保育園の場合には、まず両親ともに働いている必要があるので、専業主婦の家庭では、選択肢には含まれないでしょう。仕事をしていて、認可保育園に空きがないので、仕方なく認可外保育園に入れている方も多いです。

幼稚園では保育時間が短いので、専業主婦の方でも認可外保育園に預けている方はいます。

また、園から自宅までの距離も大切なポイントです。園バスが出ている幼稚園なら、自宅から遠くても通うことが出来ますが、毎月数千円の費用が別にかかります。

園の教育方針などが気に入っていて、そこに通わせたい、ということであれば、園バスを利用する方法もあります。そうでなければ、やはり近くの幼稚園や保育園を選んだ方が良いでしょう。

保育園でも幼稚園でも教育方針はかなり個性があります。それぞれがさまざまな特色を打ち出しているので、事前に調べておくようにしましょう。

小さいうちは伸び伸びと育てたいのか、それとも英語や水泳など、早期教育に熱心な園を選びたいのか、まずは保護者がどのように子どもを育てたいのかをはっきりさせておきましょう。

パパとママとで、この教育方針にズレがあることもあるので、良く話し合っておきましょう。