服装や模範解答など幼稚園の面接に関する基礎知識

服装や模範解答など幼稚園の面接に関する基礎知識

お受験ではない一般的な幼稚園の面接に関する基礎知識をご紹介します。子どもと親はどんな服装を着ていけば良いのか、模範解答などを準備して練習しておいた方が良いのかなど、一般的な基礎知識です。

幼稚園の面接ではどんな服装を着ていくのか

お受験の幼稚園ではい普通の幼稚園での親子面接では、それほどかしこまった服装はしていないようです。

面接をしている先生たちも、スーツなどでかっちりとした服装をしていることも少ないようですから、あまり緊張しないで大丈夫です。

子どもの服装は、男の子の場合、季節は秋なので、セーターにズボン、白シャツやポロシャツに長ズボンや半ズボンの組み合わせという服装で大丈夫です。

もちろん、結婚式用に購入した、長袖シャツとベスト、ヒザ下ズボン、ハイソックス、といった一式を着せて行っても良いでしょう。

親としては、なかなかこういった一張羅を着せるタイミングがないので、面接時などにも着せて良いかも知れません。

もしかすると子どもはいつもとは違う雰囲気の場所で、そんな一張羅で行くと、さらに緊張が増してしまう恐れがあるので注意が必要です。

セーターなどの場合には、あまり派手な色やキャラクターものは避けた方が良いでしょう。

紺やグレーなどの色を選んだ方が無難でしょう。

ただ、カジュアルな服装の子どももたくさんいるので、それほどかしこまる必要もないです。控えめな色、デザインに気をつけるくらいで大丈夫です。

女の子の場合にも、シンプルなデザインのワンピースやセーターとスカートという組み合わせがおすすめです。あまりにもかしこまったスーツ一式ではなく、ちょっとオシャレ着くらいがちょうど良いでしょう。女の子の場合でも、あまり鮮やかな色の洋服は避けて、ジーンズ素材も避けた方が良いでしょう。

保護者の服装も、それほどかしこまる必要はありません。一般的な幼稚園の面接は、平日の昼間に行われることが多いので、両親が揃って参加している方が稀です。ママもちょっと小綺麗なスカートとニットの組み合わせでも大丈夫です。

スーツだと反対に目立ってしまう幼稚園もあるかも知れません。

幼稚園の面接で事前に準備しておきたい模範解答など

一般的な幼稚園での面接では、親も子どももそれほど緊張する必要もありません。

子どもには、挨拶と自分の名前と年齢くらいは、はっきりと言えるように練習しておいた方が良いかも知れません。好きな食べものや好きな遊びなどは想定される質問なので、スムーズに答えられるように練習しておくと安心ですね。

保護者への質問には、どうしてこの幼稚園を選んだのか、幼稚園に望むこと、子どものいいところや困っているところ、などを聞かれることが多いです。

答えに困ってしまうような質問はまずありませんから、リラックスして望むのが一番です。