妊娠中の体重管理をするために覚えておきたい事とは

pixta_16654290_M

妊娠中には看護師さんや助産師さんから体重管理を口うるさく告げられるハメになります。厳しいところだと毎日の体重をグラフにして持ってこさせるところもありますし、それについてクドクドとお説教されるところもあります。

そこまでいかなくとも、体重管理に関しては、出来るだけうまくコントロールしたいものです。そのほうが、出産のときに楽で、しかも体重が元に戻りやすいのです。メリットが大きいので、体重管理は一時的なものだから、と頑張ってみましょう。

体重はどこまで増やす?

一部の妊婦さんが悩んでいるのが、なかなか体重が増えない・・・ということです。逆の妊婦さんからするとなんて羨ましいと思うでしょうが、食べても全然体重が増えなくて、ベビーが育っているのか心配・・・という人もいます。

妊娠して、体重が増えて良い範囲というものがあります。それは上限が10キロと言われています。10キロを超えると母体にもベビーにも負荷がかかりますから、出来るだけ理想的なのは8キロまでに抑えておくのが良いと言われています。

通常の食生活を送っていると、概ね8キロ前後までは増えるようですから、自然な生活を送っていくことで順調に体重は増えるようです。

この10キロを超えてしまう、近づいてくると助産師さんから口うるさく言われることになるので、体重管理は必要なことなのです。

体重管理のコツは?

体重管理のコツとしては、食事の内容をチェックすることです。野菜でかさまししたり、なるべく和食を食べたりすることでお茶碗にごはんを半分、など工夫をするなどしましょう。その他、塩分も控えめにする必要があります。塩分を多くとるとむくみが生じますし、妊婦さんは普段の生活だけでもすぐに足がむくんでしまうので、それを予防するためにも塩分控えめの和食が良いでしょう。

カロリーカットのために揚げ物を食べても良いですが、オーブンで焼ける唐揚げなどをうまく利用して食欲を満たすようにしましょう。油分をカットすれば大分カロリーは落ちますから、その分食べることが出来ます。

とは言っても、たくさん食べたいのはビタミンやミネラルなので、野菜や果物を多く食べるようにしましょう。また我慢ばかりでストレスがたまっている場合、1か月に1日だけは食べていい日、というものを決めて、食べたいものを食べるようにしましょう。

そのような目標があれば、体重管理もうまく続けることが出来ます。

太りたくない!妊婦激増

昨今ではスタイルの良いママも増えてきたのですが、ママの中には太りたくない、つわりで食べすぎるのが怖い、産んですぐに元のスタイルに戻りたいから、といって食べない、という妊婦さんも多いようです。実際体重コントロールとして食べすぎるよりは良いのですが、それではベビーに栄養が届かなくなり、未熟児が生まれる可能性が高くなります。

太りたくない!という女性心理も分かりますが、太るというわけではなく、ベビーが育つ、というイメージに考えを切り替えることが大切です。どうしても太るのが怖いという場合は心療内科を受診する必要があります。しっかり体重を増やし、元気なベビーをはぐくむことこそ、ママにしか出来ないことです。太るのではなく育てるとイメージしましょう。

妊婦さんは昔はゆっくりしていなさい、と言われることが多かったのですが、体重管理がうるさく言われるようになってからは、10キロ上限で、体重コントロールすることを言われるようになります。そのため、軽いウォーキングなどをするのがオススメでしょう。気分転換にもなりますし、ベビー用品店へ出かけてみるのもよいでしょう。生まれてくるわが子に着せてみたいと思うものを今からイメージしておくとウィンドウショッピングも楽しいものです。