妊娠の兆候としてよく見られるサインとはどんな物なのか

pixta_12748003_M

妊娠の兆候として体に変化が起こる場合があります。それを妊娠のサインだと呼ばれていますが、そんなサインを見逃さず、しっかりチェックしていると、早めにベビーを確認することが出来ます。あまり早すぎるとエコーに映らないことがあり、生活習慣などを改める必要も生じますから、ベビーからのサインはしっかり受け止めるようにしましょう。

生理が遅れている

生理予定日になっても生理がこない、というのは一番の妊娠のサインです。しかし普段から生理不順だ、という人は、あてになりませんから、から喜びするのは待ちましょう。

生理予定日1週間を過ぎても生理がこなかった場合は、妊娠チェッカーを使って妊娠しているかどうかをチェックしてみましょう。予定日より1週間後であれば、妊娠チェッカーで妊娠を知ることが出来ます。

高温期が続いている

ベビー待ちの女性であれば、必ずといっていいほどつけているのが基礎体温です。その基礎体温の高温期が続いている時は、(14日以上)妊娠している可能性があります。この場合も早めにクリニックに行って、正常妊娠であるかどうかを確認しましょう。

高温期が続くため、微熱が続き、熱っぽいと感じ、風邪の症状と似ているので、風邪かな?と思って薬を飲んでしまう人もいますので、注意しましょう。

バストが張る、頻尿になる、便秘になる

また体の変化としてバストが張るように感じます。生理前にも同じような現象が起きますが、バストが張り、押すと痛みを感じるほどになります。これは初期の症状だけなのでそのうちおさまりますが、妊娠初期の状態ではバストは張り、押すと痛いという現象が起こります。

また何故だか頻尿になります。さっきもトイレに行ったのに、何故またトイレに?と思うほど回数が増えますから、基礎体温をつけていない人で思い当たる節がある人で、尿の回数が増えたなら、もしかして、と思いましょう。

さらに便秘になるケースも多く見られます。子宮に圧迫されるため、便の通り道が狭くなり、便秘になってしまうこともあります。この場合、下剤を飲むのはあまり得策ではありませんから、生理予定日をすぎていて、便秘に急になったという場合はクリニックを受診したほうがよいでしょう。日ごろから便秘症だという場合は判断が難しいところですが、まずは妊娠チェッカーを使うと良いです。

その他、情緒不安定になり、少しのことでイライラしたり、自分自身が許せなくなったり、突然悲しくなってぼろぼろ泣いたりすることがあります。

パートナーからしてみるとなんでそんなことで?と思うことがありますが、実際情緒不安定になるママは多く、特に安定期に入るまでは情緒不安定なままが続くことが多いです。

これらのサインをしっかり見逃さず、ベビーからの合図だと思って妊娠が判明したらクリニックへ行きましょう。