妊娠すると食欲は減る?それとも増える?妊娠の症状について

pixta_11604233_M

妊娠するとつわりで体重が落ちる、という嬉しい?話や、妊娠するとベビーの分まで食べるようになるから体重が増えるという嫌な話まで、妊娠については不思議な話が様々ありますが、実際こればかりは個人差があると言ってしまうのが一番です。

食欲が増す人もいれば、減退する人も大勢いますから、ママ本人もどちらになるのか分からない生命の不思議がまたここにあります。

食欲が減退するケース

よくつわりで吐き気がする、という吐きづわりの場合、食欲は全くといって良いほどなくなります。水も飲めないという重症化した状態もありますし、特定のものしか食べられないというものもあります。しかしつわり時期に食べられなくてもベビーにそれほど影響はありませんから、実はそれほど頑張って食べる必要はありません。

それよりはママのコンディションを整えるために、食べられるものを見つけて食べるようにするとよいでしょう。安定期に入り、つわりが収まると自然と食べることが出来るようになりますから、心配はそれほどしないようにして、対策を練りましょう。

まず食べやすいものを探しましょう。のどごしの良いもの、つるつると食べられるうどんやそうめんがベストです。温かいものより冷たいもののほうが食べやすいので、冷うどんなどが良いです。食べられない人の場合、脱水症状が心配になりますから、水分だけは確保しておく必要があります。

もし水分すら摂れない状態であれば、点滴などの手段があります。

食欲が増すケース

食べづわりと呼ばれる食欲が増してしまうケースは、とにかくお腹が空いて、今まででは考えられないものを食べることが多いです。普段は和食が好きなのに、ジャンクフードばかり食べたくなったり、多いのが、フライドポテトが食べたくなる、というものが見られます。

この場合、食欲をコントロールすることが必要ですが、本能のままに食べてしまうとその後の体重コントロールが大変です。ですから食べ順を考えたり、代用品を用意する必要があります。野菜から食べる、汁物から食べる、ご飯の回数を増やす代わりに少量ずつ食べるなどが良いです。

また口寂しい時にはカロリーゼロのゼリーやアメ、チョコレートなど一口サイズのものをチョイスしましょう。

妊娠中はずっと食欲に左右されるのか?

妊娠中は実は食欲に左右されるのはつわり時期が殆どだと言えます。つまり安定期に入り、精神的にも肉体的にも安定した状態がくれば、食欲が以前と同じように元に戻ると言われています。実際、戻っている人が殆どで、食べすぎたり食欲ゼロという人は少ないです。

ただ、どちらかというと食べづわりだった人はその時のクセで食べすぎる傾向がみられますから注意が必要です。

必要な栄養素だけを摂っていれば良いので、食欲がない人も、必要量だけ食べることが出来ればよいでしょう。

やはり食欲は妊娠中は個人差が最も大きいとされますから、いざ妊娠してみなければこればかりは分かりません。つわりが落ち着いて安定期に入ったら、体重のコントロールをしてくださいと医師から言われることが多いので、うまく自分の体と対話し、コントロールしていくことが必要です。