妊娠の初期にみられる女性の体に対する変化について

pixta_13240955_M

生理がもう1週間も遅れている・・・もしかするともしかして?疑問を持つ女性が多い中、ただ生理がズレているだけなのか、妊娠初期なのか判断がつかない場合もありますが、妊娠チェッカーを使えばすぐに分かることです。

もしおめでたであれば、すぐにでも妊娠の初期症状が出てくるはずです。それも全てベビーのせいだと思えれば、苦しくても乗り越えられるものなのです。

初期症状とは一体何?

妊娠初期は妊娠が判明する2か月頃から4か月頃までを言います。妊娠してもすぐに気づく人はかなり少ないでしょう。早くても、ベビーが体内に宿ってから2か月経たなければチェッカーも反応しません。

妊娠初期に起こる症状としては、異常に眠くなる、肌荒れやニキビが多発するなどがあります。特に眠くなるのは大体の女性に見られる傾向があり、仕事をしていても、集中出来ず、眠気が勝ってしまうことが多いので、だらけていると思われることもしばしばあります。

またバストが張るというものも妊娠初期症状としてよく見られるものです。生理前にもバストは張ることがありますが、それと同じようにバストが張って押すと痛いという特徴があります。

微熱が続く

ベビーが宿ると、基礎体温は高温期を保ち続けますから、微熱が続くような感じを持ちます。体が熱っぽくなって、風邪みたいな症状が出てきますから、それは風邪ではなく妊娠初期症状であると思っておきましょう。殆どはだるさが伴い、妊娠初期としては体力不足からくるものとされています。

妊娠している場合、市販の風邪薬に頼るのはリスクがあるため、婦人科へ受診して、妊娠を確認したら、処方される薬を飲むようにしましょう。そのほうが自分も安心出来ますし、ベビーにも安心です。

頭痛や肌トラブルが起こる

また、頭痛に悩まされるケースも多々あるようです。これは妊娠初期症状によくみられるケースで、偏頭痛だと勘違いする人も多いようです。眠れないほど激痛な状態の場合、クリニックにかかりましょう。市販の痛み止めは飲まないこと。ベビーに負荷がかかる可能性が高いです。

さらに肌トラブルもよく起きる時期でもあります。大人ニキビ、吹き出物や肌荒れなど、いつもと同じスキンケアを行っていてもどうしても出来てしまうものです。ホルモンバランスが乱れている、ママになる準備をしているということで、こちらは安定期に入るまでは肌トラブルと付き合うことになりますから、長期視点で見ていきましょう。

このように妊娠初期症状は誰にでも起こるものです。酷いものから軽いものまで、誰もがママになるために通る道ですが、初期症状は安定期に入るとすっかり消えてしまいますから、安心しましょう。